『コーヒー × IT』で人生を豊かにする。

daisukeblog

コーヒー コーヒー豆

コーヒーは浅煎り派?深煎り派?味や栄養の違いについて徹底考察!

投稿日:2019-08-06 更新日:



『コーヒーで「浅煎り」と「深煎り」ってあるけど、どんな違いがあるの?』


こういった疑問にお答えします。

ちょっとだけ自己紹介



※記事の信頼性を保つために記載しています。
※少し長いので、ここは読み飛ばしてもらっても構いません。



自己紹介として、私とコーヒーの関わりについてお話します。


コーヒーにはまったのは、新卒の2014年頃。

それまでは、「ただの苦いだけの飲み物」としか思っていませんでした。

しかし、会社員になって家の近くのカフェでお茶したり、仕事したりする機会が増えてコーヒーを飲む機会が増えました。

あとは、当時セブンカフェのようなサービスが普及し始めたのも、同じような時期だったと思います。


今まで避けてきたコーヒーを改めて味わってみたら、

「あれ、意外と美味しいぞ!?」

と思ったのがきっかけです。


それから、コーヒーの魅力にとらわれてしまいました。

そして現在は、ほぼ毎日3〜4杯を欠かさず飲んでいます。


ただ、本格的にコーヒーを勉強し始めたのは2019年に入ってからです。

自分だけのお気に入りのコーヒーを探すべく、勉強している次第です。


続いて、記事の信頼性についてお話します。


ネット情報ですと、あまり信頼性の面で薄くなると感じています。

なので、記事の内容は本や雑誌、実際に自分で体験した情報をメインに載せています。

※どうしても調査できないものは、一部ネット情報を引用しています。


まだまだコーヒー素人の身ではありますが、記事の信頼性担保になれば幸いです。

コーヒーは浅煎り派?深煎り派?味や栄養の違いについて徹底考察!



浅煎り、深煎りで味や栄養にどんな違いがあるのか、本章で解説していきます。

浅煎りと深煎りの違いを考察します



コーヒーは焙煎によって味わいが大きく変わってきます。

なので、人によって好みが分かれるところです。


また、味わいだけでなく、栄養面やカフェイン量も変わってきます。

そこで、浅煎りと深煎りでどんな違いがあるのか、こちらで解説していきます。

そもそも「浅煎り」「深煎り」とは?



違いについて解説する前に、まずはおさらいから。


「浅煎り」「深煎り」とは、コーヒー豆の焙煎度合いのことです。

焙煎度合いが低いのが「浅煎り」、高いのが深煎りです。

ちなみに、浅煎りと深煎りの中間が「中煎り」です。


焙煎度合いが高くになるにつれて、黒くてテカテカしてきますよ。

>>コーヒー豆の「焙煎」とは何か【8段階あります】

味の違いについて



浅煎りと深煎りで、味わいにはどんな違いがあるのでしょうか。

まず、浅煎りの味わいとしては、以下のような感じです。

  • 酸味が強い
  • 苦味は少ない
  • ソフトな口当たり
  • キレが良い


浅煎りで一番印象的なのは、酸味の強さと苦味の少なさですね。

酸味が好きな人は、浅煎りを飲んでみると良いですね。


一方、深煎りの味わいは以下です。

  • 酸味は少ない
  • 苦味が強い
  • マイルドな味わい
  • 深いコク


深煎りは、こんな感じですね。

「とにかく、コーヒーの苦味が好きなんだ!」という方は、深煎りをセレクトしてみると良いですね。

栄養面の違いについて



それでは、栄養面での違いを見ていきましょう。


浅煎りの特徴は、「ポリフェノール」がふんだんに含まれているのが特徴です。

コーヒーのポリフェノール含有量は、あらゆる食物の中でナンバーワンともいわれていますよ。

ポリフェノールは熱に弱いので、浅煎りの状態が一番多いんです。


ポリフェノールには、抗酸化・抗炎症作用があって、ガンや糖尿病など様々な病気に対する予防効果がありますよ。

>>コーヒーはなぜ健康に良いのかまとめてみた【ヒント:浅煎り】

一方で深煎りの場合は、ポリフェノールがほとんど含まれていません。

かわりに、「フェニルインダン」という成分が浅煎りよりも多く含まれています。

フェニルインダンは、アルツハイマー病やパーキンソン病などの、脳の病気に対する予防効果があるといわれていますよ。

カフェイン含有量の違いについて



カフェインの含有量の違いについては、どうでしょうか。

カフェインは、熱に弱いのが特徴です。


なので、浅煎りの方がカフェイン含有量が多いです。

しかし、浅煎りに多いポリフェノールの働きの中には、カフェインの成分を抑える働きがあります。

なので、結果的には浅煎りも深煎りもそれほど大差はないといえますね。


ちなみに、カフェインを摂りたくない場合は、カフェインレスの「デカフェ」を飲むと良いですね。

文字通り、カフェインゼロです。

結局どっちを飲んだ方が良いの?



「味」「栄養面」「カフェイン含有量」の3つの観点で、違いを解説しました。


では結局のところ、浅煎りと深煎りのどちらを飲んだ方が良いのか?という疑問が浮かびますね。

結論は、味の好みで選ぶべきです。

酸味が好きなら、浅煎り。

苦味が好きなら、深煎り。

もしどちらでもないなら、中煎りが良いですね。


それから、健康志向で選ぶなら、浅煎りがオススメです。

ただし、がぶ飲みはカフェインの過剰摂取で危険なので、やめましょう。。

栄養面に関する過剰な期待は、逆にマイナスですよ。

>>【事実】コーヒーはガン予防に効く、スーパーフードな件【過剰な期待はやめよう】

浅煎り、深煎りにオススメのコーヒー豆とは?



前章では、浅煎りと深煎りの違いについて「味」「栄養」「カフェイン含有量」の観点で解説しました。


本章では、浅煎りと深煎りそれぞれで、オススメのコーヒー豆を解説します。

ぜひ、参考にしてみて下さいね。

浅煎り派にオススメのコーヒー豆



それでは、浅煎り派にオススメのコーヒー豆についてご紹介します。

エチオピア産



浅煎りにオススメなのは、エチオピア産のコーヒーですね。

フルーティ、フローラルなフレーバーが特徴のエチオピア産コーヒーは、浅煎りに仕上げることで、フレーバーの質を落とさずにポテンシャルを発揮できます。

>>【コーヒーの歴史】原産国エチオピアではコーヒーはフルーツだった!?【味の解説あり】

ケニア産



ケニアは、スペシャルティコーヒーの生産国として非常に人気が高いです。

フルーティでやわらかな甘味が特徴で、浅煎りに仕上げることで、特徴を存分に生かすことができます。

>>【コーヒーの歴史】ケニアは高品質コーヒーの名産国です【味の特徴も解説】

ホットで飲むのがオススメ



浅煎りの飲み方としては、上品なフレーバーを生かすために、ホットで飲むのがオススメですね。

アイスにしてしまうと、フレーバーを感じにくくなってしまうからですね。

深煎り派にオススメのコーヒー豆



それでは、深煎り派にオススメのコーヒー豆についてご紹介します。

マンデリン



インドネシア・スマトラ島で栽培されている、人気銘柄の「マンデリン」は深煎りと抜群に相性が良いです。

野性的なフレーバーと、パンチの効いた苦味が特徴なので、深煎りに仕上げるのが良いですね。

>>【生産量第4位】インドネシアのコーヒーは「マンデリン」だけじゃない!【世界一高価なコーヒーあり】

ブラジル産



コーヒー生産量が世界一のブラジル産コーヒーも、深煎りと相性が良いです。

酸味が少なめで、エスプレッソベースに合う品種が多いので、深煎りと好相性ですね。

>>【コーヒーの歴史】150年間無敗の生産大国ブラジルに迫る!

アイスで飲むのがオススメ



深煎りのオススメは、アイスコーヒーですね。

ホットでももちろん美味しいですが、アイスにすることで、すっきりした苦味でより飲みやすくなりますよ

自家焙煎してみるのもアリ!



最後に、自分の好みの焙煎を究める方法として、自家焙煎というのもアリですよ。



少しコツがいりますが、家庭用のロースター(焙煎機)で自分好みの焙煎度合いにカスタマイズできるので、興味があれば試してみてはいかがでしょうか。

あなたは浅煎り派?それとも深煎り派?



浅煎りと深煎りに関する違いについて、解説しました。


ここまで読んでみて、アナタは浅煎り派、深煎り派のどちらになりましたか?

カフェでコーヒーを頼むとき、焙煎度合いにも注目しつつ飲んでみると良いですね。


最後に、前章でオススメのコーヒー豆をご紹介しましたが、コーヒーは実に様々な品種があるんです。

関連記事をご紹介しますので、良ければこちらもチェックしてみて下さいね。

>>【解説あり】コーヒー豆の種類を徹底比較【お気に入りを見つけよう】


それでは、以上です。

-コーヒー, コーヒー豆

Copyright© daisukeblog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.