『コーヒー × IT』で人生を豊かにする。

daisukeblog

コーヒー コーヒードリップ

カリタのウェーブドリッパーは初心者におすすめ!淹れ方を徹底解説

投稿日:2019-06-11 更新日:



「カリタのウェーブドリッパーを使った、コーヒーの淹れ方について教えて!」

「カリタのウェーブドリッパーって、どんな特徴があるんだろう?」

「カリタのウェーブドリッパーを使うと、コーヒーはどんな味わいになるのかな?」


こういった疑問にお答えします。

ちょっとだけ自己紹介



※記事の信頼性を保つために記載しています。
※少し長いので、ここは読み飛ばしてもらっても構いません。



自己紹介として、私とコーヒーの関わりについてお話します。


コーヒーにはまったのは、新卒の2014年頃。

それまでは、「ただの苦いだけの飲み物」としか思っていませんでした。

しかし、会社員になって家の近くのカフェでお茶したり、仕事したりする機会が増えてコーヒーを飲む機会が増えました。

あとは、当時セブンカフェのようなサービスが普及し始めたのも、同じような時期だったと思います。


今まで避けてきたコーヒーを改めて味わってみたら、

「あれ、意外と美味しいぞ!?」

と思ったのがきっかけです。


それから、コーヒーの魅力にとらわれてしまいました。

そして現在は、ほぼ毎日3〜4杯を欠かさず飲んでいます。


ただ、本格的にコーヒーを勉強し始めたのは2019年に入ってからです。

自分だけのお気に入りのコーヒーを探すべく、勉強している次第です。


続いて、記事の信頼性についてお話します。


ネット情報ですと、あまり信頼性の面で薄くなると感じています。

なので、記事の内容は本や雑誌、実際に自分で体験した情報をメインに載せています。

※どうしても調査できないものは、一部ネット情報を引用しています。


まだまだコーヒー素人の身ではありますが、記事の信頼性担保になれば幸いです。

簡単!カリタウェーブドリッパーの淹れ方



Kalita(カリタ)のウェーブシリーズは、比較的新しく登場した扱いやすいドリッパーです。

淹れ方について解説していきますので、ぜひ押さえておきましょう。

ドリップするのに必要なもの



まずは、必要な抽出器具を準備しましょう。

  • ウェーブドリッパー
  • コーヒーフィルター
  • コーヒーサーバー
  • コーヒーポット
  • ドリップ スケール








1〜2人用で必要な道具を準備してみました。

ウェーブドリッパーはサイズが「155」(1〜2人用)「185」(2〜4人用)の2つです。

なので、ペーパーフィルターも同じサイズを選択しましょう。

サーバーは、必ずしもカリタ製でなくても大丈夫です。


あとは、少し話が逸れますが、コーヒーポットとドリップスケールはマジで必須です。

美味しいコーヒーを入れる必須要素なので、持ってなければすぐポチりましょう。

関連記事にて、紹介しているので、合わせてご覧ください。

>>Kalita(カリタ)銅ポット0.7ℓは超おしゃれ!特徴やお手入れ方法について解説します

>>【超簡単】ハリオV60ドリップスケールの使い方を徹底解説します!


また、「コーヒー豆から挽きたいけど、ミルがない!」という場合は、ハリオのセラミックコーヒーミル・スケルトンがオススメ。

使いやすい手動式のミルですので、ぜひ合わせてポチりましょう。

>>【HARIO(ハリオ)】セラミックコーヒーミル・スケルトンを使ってみた【初心者おすすめ】


カリタウェーブドリッパーの淹れ方



それでは、ウェーブドリッパーを使ってコーヒーを淹れるための手順についてご紹介します。


繰り返しになりますが、誰でも簡単に扱えます。

なので、コツも特にいりません。

ざっくりと手順を覚えて、後は実践あるのみですよ。

カリタウェーブドリッパーの淹れ方①:事前準備



以下の事前準備を、まずやっておきましょう。

  • 容量:1人分コーヒー粉の量10g
  • お湯の温度は90度前後に調整しておく
  • ドリッパーとサーバーは温めておく


コーヒー粉の容量は、適切な量を準備しておきましょうね。


お湯の温度は、90度前後に調整しておきましょう。

熱湯のまま注ぐと、雑味が出てしまうので注意です。


あとは、コーヒーが冷めないようにドリッパーとサーバーを事前に軽く温めておきましょう。


以上で、事前準備は完了です。

カリタウェーブドリッパーの淹れ方②:「ドリッパーのセット」



それでは、淹れていきましょう。


まずドリッパーにペーパーフィルターをセットし、コーヒー粉を入れます。

その後、粉が平らになるようにならしておきましょう。

カリタウェーブドリッパーの淹れ方③:「お湯を注ぐ(1回目)」



それでは、お湯を注いでいきましょう。


一滴ずつ垂らすような感覚で、お湯を細く注ぐのがポイントです。

真ん中を狙って注いでいくと、徐々に全体にお湯が染み渡っていきます。


全体に行き渡り、下からコーヒーが垂れてきたら注ぐのをやめましょう。

カリタウェーブドリッパーの淹れ方④:「蒸らし」



そのまま30秒ほど待って、コーヒー粉を蒸らしていきます。

カリタウェーブドリッパーの淹れ方⑤:「お湯を注ぐ(2回目)」



ここからが、本格的に抽出する工程です。

1回目と同じ要領で、お湯を注ぎましょう。


1回目に注いだときのコーヒー粉の膨らみより、少し大きく膨らんだ段階で注ぐのをやめましょう。

カリタウェーブドリッパーの淹れ方⑥:「お湯を注ぐ(3回目以降)」



ドリッパー内のお湯が半分ほどになくなったタイミングで、また注いでいきましょう。

3回目以降は、太めにお湯を注いで構いません。

カリタウェーブドリッパーの淹れ方⑦:「目標量に達したら抽出をやめる」



目標の抽出量までコーヒーの抽出が終わったら、途中の状態でもドリッパーを外して下さい。


最後に、軽くサーバー内を回してカップに注げば完成ですよ。

カリタウェーブドリッパーの淹れ方を動画で学ぶ!



「文章だけじゃよくワカラン。。」

と言う場合は、こちらの動画をご参考ください。


カリタウェーブドリッパーの特徴は?



カリタウェーブドリッパーの特徴について、触れていきます。

カリタのウェーブドリッパーは誰でも簡単に使えます



カリタのドリッパーの中でもひときわ存在感を放っているのが、ウェーブシリーズです。


見た目は、波型のリブが入った特徴的なフォルムをしています。

これは、誰でも簡単にコーヒーを美味しく淹れることができるように考えられて設計されているんですよ。


ウェーブシリーズは、「155」(1〜2人用)と「185」(2〜4人用)の2サイズあります。

カリタのウェーブドリッパーの特徴



では、ウェーブドリッパーは具体的にどんな特徴があるのでしょうか。

それは、以下の通りです。

  1. 本体は円錐形で平底設計
  2. 熱伝導率の高いステンレス製を採用
  3. 三角形を描く3つ穴構造
  4. 専用のペーパーフィルター


主に、以上の4つの特徴を持っています。


順番に、詳しく解説していきますね。

本体は円錐形で平底



本体に注目してみましょう。


他のドリッパーと一線を画す、円錐形の平底設計になっています。

この設計は、初心者に嬉しい設計なんです。


どういうことかというと、多少お湯の注ぎ方が雑になったとしても、コーヒー粉にお湯がしっかり行き渡るようになるのです。

熱伝導率の高いステンレス製を採用



次は、材質に注目してみます。


材質にステンレスを採用することで、熱伝導率を高めています。

これによって、コーヒーの雑味が出るのを抑えることができるのです。


さらに、ステンレスはとても丈夫でかつ軽いのも良いですね。

錆びる心配もないので、安心して使えますよ。

三角形を描く3つ穴構造



次は、抽出穴についてです。


カリタ式の代表的な特徴である、3つ穴構造を採用しています。

さらにウェーブドリッパーは、三角形を描くように配置されているのがさらに特徴的ですね。


抽出速度を速めてくれるので、時間をかけずにコーヒーを淹れることができますよ。

専用のペーパーフィルター



ウェーブドリッパーには、専用のペーパーフィルターを使います。


こちらも、非常に特徴的な形をしています。

画像をみると、お弁当のおかずを入れるカップのようなフォルムをしていますね。

外側に20個のヒダがついていますが、役割は主に2つあります。

  • ドリッパーとフィルターの接触を少なくする
  • コーヒー粉の壁を作る


この2点によって、コーヒーを均一に抽出することができるんです。


さらに、詳しく説明します。


抽出していくと、徐々にヒダにコーヒー粉が集まっていきます。

すると、壁のように粉が外側に広がっていきます。


これが、非常に重要なんです。


粉の壁ができることで、粉から均一に抽出ができるようになります。


お湯を注ぐ時は、真ん中を狙って注ぐだけでお湯が勝手に全体に広がっていきます。


初心者の方でも、バランスよく抽出ができるのです。

カリタウェーブドリッパーで淹れたコーヒーの味は?


カリタウェーブドリッパーを使うと、どんなコーヒーができるのか解説します。

安定感のある味わいを出せます



前述したように、コーヒー粉から均一にドリップできるように設計されています。

なので、豆本来の味わいを余すことなく抽出することができます。


よって、非常に安定したコーヒーを味わうことができますよ。

【まとめ】カリタウェーブドリッパーの淹れ方を押さえよう!



初心者設計で、バランスのとれたコーヒーを楽しむことができるカリタのウェーブシリーズ。

他のカリタ製ドリッパーと比較すると、値段が少し高いです。

しかし、耐久性もあり長く使うことができますよ。


一台持っていて絶対に損はしない、おすすめのドリッパーです。

最後に追記で、スタンダードなカリタ製ドリッパーを使った「カリタ式」コーヒーの淹れ方もご紹介します。

>>【3つ穴構造】カリタ式ドリップコーヒーの淹れ方について徹底解説



それでは、淹れ方を押さえて美味しいコーヒーを楽しみましょう。


以上です。

-コーヒー, コーヒードリップ

Copyright© daisukeblog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.