『コーヒー × IT』で人生を豊かにする。

daisukeblog

コーヒー コーヒーカップ

コーヒーカップの正しい持ち方は指でつまむことです【印象アップしよう】

投稿日:2019-06-08 更新日:



「正しいコーヒーカップの持ち方について知りたい!」

「ついでに、コーヒー全般に関するマナーも知りたい!」


こういった疑問にお答えします。

ちょっとだけ自己紹介



※記事の信頼性を保つために記載しています。
※少し長いので、ここは読み飛ばしてもらっても構いません。


自己紹介として、私とコーヒーの関わりについてお話します。


コーヒーにはまったのは、新卒の2014年頃。

それまでは、「ただの苦いだけの飲み物」としか思っていませんでした。

しかし、会社員になって家の近くのカフェでお茶したり、仕事したりする機会が増えてコーヒーを飲む機会が増えました。

あとは、当時セブンカフェのようなサービスが普及し始めたのも、同じような時期だったと思います。


今まで避けてきたコーヒーを改めて味わってみたら、

「あれ、意外と美味しいぞ!?」

と思ったのがきっかけです。


それから、コーヒーの魅力にとらわれてしまいました。

そして現在は、ほぼ毎日3〜4杯を欠かさず飲んでいます。


ただ、本格的にコーヒーを勉強し始めたのは2019年に入ってからです。

自分だけのお気に入りのコーヒーを探すべく、勉強している次第です。


続いて、記事の信頼性についてお話します。


ネット情報ですと、あまり信頼性の面で薄くなると感じています。

なので、記事の内容は本や雑誌、実際に自分で体験した情報をメインに載せています。

※どうしても調査できないものは、一部ネット情報を引用しています。


まだまだコーヒー素人の身ではありますが、記事の信頼性担保になれば幸いです。

コーヒーカップの正しい持ち方とは



コーヒーカップには、正しい持ち方というものがあります。

コーヒーを外出先でも嗜む場合は、押さえておくと好印象を持たれますよ。

コーヒーカップの正しい持ち方は指でつまむ



まず、結論から申し上げます。


コーヒーカップの正しい持ち方とは、指でつまんで持つことです。

親指・人差し指・中指で持ち手をつまむのが、正しいスタイルです。


上の画像が、正しい持ち方になります。


では、つまむのがなぜ正しいのでしょうか。


それは、コーヒーカップとの接点が少ないほどフォーマルでかつ上品な雰囲気に見えるからです。

持ち手に指を通して飲む場合、コーヒーカップとの接点が増えるので、少しカジュアル目な雰囲気になりがちです。


上の画像はよくやりがちな、指を通すスタイルですがマナー的にはアウトです。


あとは、持ち手ではない方を手でがっしり掴んで飲むスタイルもあります。

これは、がさつで粗末な印象を与えてしまいます。

なので、3本指で少ない接点に止めておくのが、正しい持ち方ということなんです。


ただし、マグカップのように重さがあってとても3本指で持ちきれないという場合があります。

こういった場合は、もう片方の手を軽く添えて飲んでも構いません。

右手で持つ?左手で持つ?



コーヒーカップを持つときは、右手なのか左手なのかという問題もあります。

結論は、右でも左でも大丈夫ですよ。


強いて言えば、誰かと隣り合わせで座る際に注意すべきポイントがあります。

利き手が2人とも違う場合、肘が当たってコーヒーをこぼしたりカップごと落としてしまう可能性があります。


こういった場合は、肘が当たらないように席の配置についてしっかり配慮する必要がありますね。

コーヒーカップを置くときは音を立てない



コーヒーカップをソーサーに置くときも、気をつけましょう。

なるべく音を立てないように、ゆっくりソーサーに置きましょう。


勢いよく置いてしまうと、コーヒーがこぼれたりする可能性がありますよ。

持ち方以外のマナー



コーヒーカップの持ち方以外で、押さえておくべきマナーを以下に挙げてみました。

  • スプーンはソーサーの後ろ側に置く
  • カップの向きは持ち手が右に来るように置く
  • スプーンで混ぜるときも音を立てない


コーヒーを混ぜるときのティースプーンは、カップの後ろ側に置きましょう。

前に置いて出されるパターンもありますが、基本は後ろ側が正しいです。


また、カップをお客様にお出しするときは、持ち手が右に来るように置くのが正しいです。

左利きの人の場合は、機転を利かせて持ち手が左に来るように置くのも良いですね。

しかし、ほとんどは利き手がわからない場合が多いのですから、右に統一するのが良いでしょう。

ちなみに、コーヒーやミルクを使う場合は、右手にスプーンを持って混ぜるので、持ち手が左に来るように置くのが良いです。


スプーンで混ぜる際も、カップに当てて音を立てないようにしましょう。

音を立てる行為は、マナー違反な場合が多いです。

前述のカップを置くときの動作、またコーヒーを飲むときもすすらずにカップを傾けて飲むと音が鳴りません。

コーヒーカップの持ち方1つで印象も変わります!



コーヒーを嗜む機会は、私たち社会人にとっては日常ですよね。

仕事の打ち合わせであったり、休憩時間や、コーヒーショップでの時間などなど色々あります。


様々な場所でコーヒーを飲む機会が増えるからこそ、持ち方1つで、相手に与える印象も変わってきますよ。

意外と、手先の動きをよく見ている方もいらっしゃいます。

コーヒーカップの正しい持ち方を押さえて、印象アップを目指してみませんか。


それでは、以上です。

-コーヒー, コーヒーカップ

Copyright© daisukeblog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.