『コーヒー × IT』で人生を豊かにする。

daisukeblog

コーヒー コーヒーその他

【警告】妊娠中もコーヒーを飲んでたらヤバい!?体や赤ちゃんへの影響は?【結論:デカフェがベスト】

投稿日:2019-08-28 更新日:


ゴクゴク☕️

・・・妊娠中でもお構いなしにコーヒーを飲んでるけど、大丈夫なのかな?

(気にせず)ゴクゴク☕️☕️

・・・ママの体が心配。。

妊娠中でも安心して飲めるコーヒーなんて、あるのかな?



こんな疑問にお答えします。

こんにちは。ダイスケです。



妊娠中のコーヒーは、体にどんな影響があるのか?


ママさんの体が心配なパパさんは、ぜひぜひチェックしてみて下さいね。


もちろん、ママさんも要チェックです。

ちょっとだけ自己紹介



※記事の信頼性を保つために記載しています。
※少し長いので、ここは読み飛ばしてもらっても構いません。



自己紹介として、私とコーヒーの関わりについてお話します。


コーヒーにはまったのは、新卒の2014年頃。

それまでは、「ただの苦いだけの飲み物」としか思っていませんでした。

しかし、会社員になって家の近くのカフェでお茶したり、仕事したりする機会が増えてコーヒーを飲む機会が増えました。

あとは、当時セブンカフェのようなサービスが普及し始めたのも、同じような時期だったと思います。


今まで避けてきたコーヒーを改めて味わってみたら、

「あれ、意外と美味しいぞ!?」

と思ったのがきっかけです。


それから、コーヒーの魅力にとらわれてしまいました。

そして現在は、ほぼ毎日3〜4杯を欠かさず飲んでいます。


ただ、本格的にコーヒーを勉強し始めたのは2019年に入ってからです。

自分だけのお気に入りのコーヒーを探すべく、勉強している次第です。


続いて、記事の信頼性についてお話します。


ネット情報ですと、あまり信頼性の面で薄くなると感じています。

なので、記事の内容は本や雑誌、実際に自分で体験した情報をメインに載せています。

※どうしても調査できないものは、一部ネット情報を引用しています。


まだまだコーヒー素人の身ではありますが、記事の信頼性担保になれば幸いです。

妊娠中もコーヒーを飲んでたらヤバい!?体や赤ちゃんへの影響は?



結論から先に言ってしまうと、妊娠中のコーヒーは控えましょう。


なぜかというと、ママさんとお腹の中の赤ちゃん、母子ともに健康を阻害する可能性があるのです。

そうなんだ。。じゃあ具体的にどんな症状が出るの?



ということで、もう少し具体的に深掘りしていきます。

妊娠中のコーヒーは、不眠や動悸をもたらす



影響を与える原因となる成分は、コーヒーに含まれる「カフェイン」です。



カフェインは眠気覚まし効果や、脂肪燃焼の効果を持っています。

>>運動前のコーヒーで、脂肪燃焼をぶち上げる!【運動能力アップも】


ですが、コーヒーを大量に飲んでしまうと危ないです。

特に、妊娠中の女性は注意が必要です。


カフェインの過剰効果により、動悸や息切れ、不眠症状のリスクがあるんです。

妊娠中のコーヒーは、妊娠中のイライラを増加させる



妊娠中は、ホルモンバランスが崩れやすくなります。


すると、イライラしたり情緒不安定になりやすいです。

カフェインも同じく、大量に摂取するとイライラを加速させる原因に。


よって、ママさんの精神状態をさらに悪化させてしまう可能性があるんです。

妊娠中のコーヒーは、お腹の赤ちゃんの発育を妨げる



それだけでは、ありません。


コーヒーによる影響は、お腹の中の赤ちゃんにもおよぶ可能性があります。


はっきりとした確実な情報はありませんが、カフェインは赤ちゃんの低体重などの、発育を阻害する可能性があるとされているんです。

コーヒーは母乳にも影響する?



カフェインは、摂取した1%前後が母乳に入り込みます。


1%なので、赤ちゃんに大きな影響を与えるとは限りません。

「なら、そこまで影響はないのかな?飲んでも平気?」


と、思うかもしれません。


しかし、カフェインはコーヒーだけに入っているわけではありません。


他の食物からも摂取している可能性を含めると、やはり控えておくべきですね。

>>コーヒーだけじゃない!?カフェインの多い飲み物・食べ物まとめ【対処法も解説】


妊娠中のコーヒーは、あくまで「控える」 でOK



繰り返しますが、妊娠中のコーヒーは控えるべきです。


しかし、それでもコーヒー好きのママさんにとって、「コーヒー断捨離」相当辛いはずです。


妊娠から出産までは、「十月十日(とつきとおか)」

つまり、最大10か月近くもコーヒーを諦めなければならない。


これは、コーヒー好きの僕でもわかりますが、相当ハードですね。


そこで、再び繰り返しますが、妊娠中のコーヒーは「控える」べきです。


何が言いたいかというと、コーヒーを「飲むな!」ではありません。

妊娠中のコーヒーは、1日2杯まで!



以下は、厚生労働省のサイトから引用した一文です。

カナダ保健省(HC)においても、2010年に1日あたりのカフェイン摂取量として、健康な成人で400 mg(コーヒーをマグカップで約3杯)まで、

カフェインの影響がより大きい妊婦や授乳中、あるいは妊娠を予定している女性は300mg(コーヒーをマグカップで約2杯)までとされています。

引用先:厚生労働省


カナダでは、妊娠中の女性の1日のカフェイン摂取量は300mgまでと規定しています。

コーヒーに含まれるカフェイン量は、「60mg/100mlあたり」くらいです。

そして、コーヒー1杯の容量はだいたい150mlくらいですね。


なので結論は、「1日2杯以下」にすれば問題ありません。

コーヒー好きであれば、完全に「断つ」のは本当に辛いです。


ですから、2杯を限度に設定して、無理せずいきましょう。

妊娠中のコーヒーは、デカフェがベスト!


コーヒーは、「1日2杯」が限度。

ただ、やはり不安はあるかもしれません。

それでも、やっぱりコーヒーは飲ませない方がいいよね。。

とか、

2杯じゃ足りない!もっと飲みたい!

・・・うーん。。どうしよう。。


と、なってしまうかもしれませんね。

そんなパパママさんに、朗報です!


カフェインレスの「デカフェ」で、妊娠中も安心!



「デカフェ(decaf)」は、コーヒーからカフェインだけを取り除いたコーヒーのことです。


前章でご紹介した、カフェインによる不眠・動悸・イライラの症状の心配は、無用です。

デカフェは美味しいの?



結論は、普通のコーヒーと変わらず美味しいです。


デカフェ周りでよく耳にするのが、以下。

  • 味が薄い
  • 普通のコーヒーよりもさっぱりする
  • 酸味が強い
  • etc


などなど、いわれています。


実際、カフェインを除く前と除いた後では、若干の味わいの違いはあります。


しかし、たとえ普通のコーヒーであっても、味わいは品種によって千差万別

デカフェも、同じような誤差です。


それに、最新の除去技術は効果的にカフェインのみを除去できるようになっています。

なので、コーヒーの香りや個性が失われることは、まずありえません。

ママ応援!デカフェの定期便をご紹介します!


それじゃ、妊娠中のママにおすすめなデカフェは?


という声に、お答えします。


デカフェは各社様々ありますが、結論はネスレのママ応援 ラク楽お届け便 最強です。


なぜかというと、ポイントが4つあります。

・【無料保証付き】0円コーヒーマシンで本格デカフェ!

・【外出不要】オンライン注文・商品は自宅へ!

・【オムツやおしりふきも】日用品と組み合わせてお得に購入!

・【完全無料】新米パパママ応援サービス付き!


正直いいますと、デカフェ単体だとおすすめの商品は、本商品以外にもごまんとあります。

でも、そうじゃない。


妊娠中のママさんだからこそ、おすすめなのがママ応援 なんです。

【無料保証付き】0円コーヒーマシンで本格デカフェ!



ネスレのコーヒーマシンは3種類

お好きなマシンから、選択することができます。

その費用は、なんと0円

しかも、利用中はずっと無料保証付き


ネスレの本格デカフェを、「超超超」お手軽に楽しめるのです。

【オムツやおしりふきも】日用品と組み合わせてお得に購入!



本商品を猛プッシュする、最大のキーポイントです。


デカフェ単体、ではないんです。


オムツやおしりふき、赤ちゃんにも優しい洗剤といった、小さいお子様のいるご家庭に必須の日用品と組み合わせて、お得に購入できるんです。


特に、最近はオムツが軽減税率の対象外であると報道されていますね。

>>消費増税の軽減税率、「新聞は対象」「オムツや生理用品は対象外」に国民が気づき物議


オムツはそもそも、割引対象にもなりづらいのです。


なので、お得に購入できる本商品は、パパママの強い味方ですね。

【外出不要】オンライン注文・商品は自宅へ!



全てオンライン注文で、商品は自宅に届きます


オムツは一度に買おうとすると、とってもかさばりますよね。


もちろん、オムツだけ買うわけではないですから、自宅へ持って帰るのも一苦労ですよね。


しかし、そんな苦労とは、もうオサラバです。

【完全無料】新米パパママ応援サービス付き!



さらにさらに、ネスレの公式LINEにお友達登録すると、オムツの替え方や時短テクニックなどの、パパママお役立ち情報をお届けしてくれます。


こちら、完全無料です。

こんなパパママにおすすめ!



デカフェが気になる、パパママにおすすめですよ。

さらには、こんなパパママにも。

・子育て初心者の、パパママ

・仕事と両立しながら子育てする、パパママ


・妊娠中でなおかつ小さいお子様もいる、パパママ


・子育て費用を安くしたい、パパママ


妊娠中のママパパにおすすめするデカフェ商品は、これ以外にありえません。


ぜひ、チェックしてみて下さいね。

カフェチェーンにも、デカフェあります



ちなみに、デカフェはスタバドトールなどの、大手カフェチェーンにもありますよ。


スタバの場合は+50円で、ドトールはコーヒーと同じ値段でデカフェを頼めます。

ぜひ、活用しましょう。

【まとめ】妊娠中はコーヒーを控えて、母子ともに健康に!



まとめると、以下になります。

・妊娠中・授乳中は、コーヒーは1日2杯以下に控える

・一番安心なのは、デカフェ(カフェインレスコーヒー)

・デカフェを選ぶなら、ネスレの「ママ応援 ラクラクお届け便」一択


妊娠中も、変わらず毎日コーヒーをガブ飲みしていたら、赤信号です。


パパさんは母子の体調を気づかって、ぜひ教えてあげて下さいね。


最後に追記です。妊娠中のママさんの苦労は凄まじいですが、パパさんも体調管理に気をつけましょう。

うう。。睡眠不足で仕事がが。

そんなパパさんにおすすめが、「睡眠カフェ」です!


こちらは、ご紹介した「ママ応援 ラクラクお届け便」と同じく、ネスレが運営している、東京・大井町にオープンしたカフェです。

>>【たった30分】睡眠負債を改善する、注目の「睡眠カフェ」とは?


「睡眠×コーヒー」の合わせ技で、睡眠負債の改善を目指しています。

仕事に忙しい、東京のサラリーマンの方を中心に、人気を集めています。


睡眠不足にお悩みなら、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。


それでは、以上です。

-コーヒー, コーヒーその他

Copyright© daisukeblog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.