『コーヒー × IT』で人生を豊かにする。

daisukeblog

コーヒー コーヒーその他

サードウェーブとはコーヒー業界のトレンド用語です【第4の波についても解説あり】

投稿日:2019-06-02 更新日:



「サードウェーブとは何か知りたい!」

「サードっていうことは、ファーストとセカンドもあるのかな?」

「ついでに、次のフォースウェーブについても知りたいな!」


こういった疑問にお答えします。

ちょっとだけ自己紹介



※記事の信頼性を保つために記載しています。
※少し長いので、ここは読み飛ばしてもらっても構いません。



自己紹介として、私とコーヒーの関わりについてお話します。


コーヒーにはまったのは、新卒の2014年頃。

それまでは、「ただの苦いだけの飲み物」としか思っていませんでした。

しかし、会社員になって家の近くのカフェでお茶したり、仕事したりする機会が増えてコーヒーを飲む機会が増えました。

あとは、当時セブンカフェのようなサービスが普及し始めたのも、同じような時期だったと思います。


今まで避けてきたコーヒーを改めて味わってみたら、

「あれ、意外と美味しいぞ!?」

と思ったのがきっかけです。


それから、コーヒーの魅力にとらわれてしまいました。

そして現在は、ほぼ毎日3〜4杯を欠かさず飲んでいます。


ただ、本格的にコーヒーを勉強し始めたのは2019年に入ってからです。

自分だけのお気に入りのコーヒーを探すべく、勉強している次第です。


続いて、記事の信頼性についてお話します。


ネット情報ですと、あまり信頼性の面で薄くなると感じています。

なので、記事の内容は本や雑誌、実際に自分で体験した情報をメインに載せています。

※どうしても調査できないものは、一部ネット情報を引用しています。


まだまだコーヒー素人の身ではありますが、記事の信頼性担保になれば幸いです。

サードウェーブとはコーヒー業界のトレンド用語です



コーヒー業界で度々耳にする、サードウェーブという用語。

一体、どういったものなのでしょうか。


サードウェーブが意味するないようについて、こちらで解説していきます。

サードウェーブとは



サードウェーブとは、その名の通り「第3の波」のことです。

これは、コーヒー業界のトレンドを表す用語で、今までに3回コーヒー業界に大きなトレンドが生まれました。


つまり、ファーストウェーブ・セカンドウェーブというトレンドも生まれていたんですね。

今ではコーヒーは当たり前のように普及していますが、トレンドの波によってもたらされた結果だと言えます。


それでは、時代を追いながらサードウェーブの内容について詳しく触れていきますね。

コーヒーが普及した「ファーストウェーブ」



時代を遡って、まずは「ファーストウェーブ」から解説していきます。


ファーストウェーブとは、コーヒーの生産量が世界的に増え始めた時代を指しています。

年代的には、19世紀後半から1970年代の間になります。


コーヒーの生産・精製方法に新たな技術が入ったことで、効率よく豆を大量生産できるようになりました。

また、輸送手段も拡充したことで一般家庭にコーヒーが浸透し始めた時代ですね。


インスタントコーヒーの普及や、日本では缶コーヒーが開発されたのもこの時代ですね。

安価なコーヒーを大量生産して発展していく、コーヒーの高度経済成長期ともいえる時代でした。

シアトル系ブーム「セカンドウェーブ」



大量生産・大量消費時代を経て、1980年代から1990年代後半にかけて新たなトレンドがやってきました。

それが、セカンドウェーブです。


この時代の特徴は、濃厚で風味を一段と味わえるエスプレッソや深煎りのコーヒーが人気になったことです。


さらに、フォームドミルクやホイップクリームなどを合わせてスイーツ感覚でコーヒーを楽しむようになりました。

これがいわゆる、シアトル系ブームです。


この時期から、アメリカのスターバックスやタリーズなどの大手コーヒーチェーンが台頭するようになりました。

豆本来の味わいを楽しむ「サードウェーブ」



そして、2000年代に入るとアメリカで新たなトレンドが押し寄せます。

それが、サードウェーブです。

サードウェーブにおけるポイントは以下の3つです。

  • スペシャルティコーヒー
  • 明確なトレーサビリティ
  • 浅煎り


コーヒーをスイーツ感覚で楽しむ流れから一変して、コーヒー本来の価値を大事にしようという流れが出始めました。


スペシャルティコーヒーとは、コーヒーのグレードの中で最高ランクに位置するものです。

スペシャルティコーヒーに関する詳細は、こちらの【最高品質】「スペシャルティコーヒー」とは【通販サイトもご紹介】で解説しています。


トレーサビリティとは、生産地・品種・精製方法・流通などの情報を指します。

トレーサビリティが明確な豆のことを、シングルオリジンと呼ぶこともあります。

高品質な豆であれば、どの地域のどの農家で生産されたかが明確です。

反対に、質の悪い豆は煩雑な豆がごちゃまぜになっていて、トレーサビリティを追うことがほぼ不可能なんです。


さらに、焙煎度合が浅煎りであることも重要です。

豆本来が持つ個性と強い酸味を味わうには、シナモンローストやミディアムローストなどの浅煎りが一番ベストとされています。

深煎りしてしまうと、豆の個性と酸味が消えてしまいます。

このあたりの焙煎に関しては、こちらのコーヒー豆の「焙煎」とは何か【8段階あります】で詳しく解説しています。


コーヒーの品質を担保するための、テロワールの考え方もこの時代に訪れました。

生産地や農家、気候条件によってコーヒーの味わいは変わることから、まさにワインと同じような感覚ですね。


この流れを汲んで、サードウェーブコーヒーを出すお店も続々と出店されているんですよ。

第4の波がそろそろ訪れる?



コーヒー本来の品質を大事にし、ワインのようにコーヒーを嗜む文化がサードウェーブによって生まれました。

そして、ここ最近ではそろそろ「フォースウェーブ」が来るのでは?と予想されています。


しかし、具体的にどんなトレンドが訪れるのかは今のところわかりません。

いろいろ諸説あるようですが、世界的な流れを踏まえて私なりに予想してみました。

  • 生豆を購入して自宅で焙煎する
  • フードペアリングが広まる


2つほど、予想してみました。

1つは、生豆を買うトレンドが来るのではないかと予想します。

つまり、家庭で焙煎するトレンドが来るのではないかと考えています。

サードウェーブの根幹にある、スペシャルティコーヒーのこだわりに関しては無くなることはないと思っています。

これからは、自分で高品質な生豆を自由に焙煎することで、世界に一つだけの自分にあったコーヒーを見つける流れが来るような気がしています。


そして 2つめは、「フードペアリング」の広まりです。

フードペアリングとは、簡単に言うと食べ物との相性のことです。

つまり、コーヒーと食べ物を合わせることで、コーヒーの味わいをさらに楽しむトレンドが来るんじゃないかと予想しています。

コーヒーが、今やワインや日本酒のような位置づけにあるのは明確です。

コーヒー単体での楽しみから、「コーヒー×フード」による楽しみ方にトレンドが変わりそうな気がしますね。

サードウェーブコーヒーを味わって業界のトレンドを押さえよう!



サードウェーブの中身について、ご紹介しました。

次に来る波が、コーヒー業界にどんなトレンドをもたらすのか、非常に楽しみですよね。

最後に繰り返しになりますが、サードウェーブのポイントとしてご紹介した、スペシャルティコーヒーの関連記事についてご紹介します。

【最高品質】「スペシャルティコーヒー」とは【通販サイトもご紹介】

おすすめの通販サイトもご紹介しています。

スペシャルティコーヒーが気になる方は、ぜひ購入してみてくださいね。


それでは、以上です。

-コーヒー, コーヒーその他

Copyright© daisukeblog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.