『コーヒー × IT』で人生を豊かにする。

daisukeblog

コーヒー コーヒードリップ

【レビューあり】HARIO(ハリオ)のV60計量スプーンの使い方!【デザイン性も十分】

投稿日:2019-07-01 更新日:



「ハリオの計量スプーンの使い方について知りたい!」

「ハリオの計量スプーンは使いやすいのかな?」


こういった疑問にお答えします。

ちょっとだけ自己紹介



※記事の信頼性を保つために記載しています。
※少し長いので、ここは読み飛ばしてもらっても構いません。



自己紹介として、私とコーヒーの関わりについてお話します。


コーヒーにはまったのは、新卒の2014年頃。

それまでは、「ただの苦いだけの飲み物」としか思っていませんでした。

しかし、会社員になって家の近くのカフェでお茶したり、仕事したりする機会が増えてコーヒーを飲む機会が増えました。

あとは、当時セブンカフェのようなサービスが普及し始めたのも、同じような時期だったと思います。


今まで避けてきたコーヒーを改めて味わってみたら、

「あれ、意外と美味しいぞ!?」

と思ったのがきっかけです。


それから、コーヒーの魅力にとらわれてしまいました。

そして現在は、ほぼ毎日3〜4杯を欠かさず飲んでいます。


ただ、本格的にコーヒーを勉強し始めたのは2019年に入ってからです。

自分だけのお気に入りのコーヒーを探すべく、勉強している次第です。


続いて、記事の信頼性についてお話します。


ネット情報ですと、あまり信頼性の面で薄くなると感じています。

なので、記事の内容は本や雑誌、実際に自分で体験した情報をメインに載せています。

※どうしても調査できないものは、一部ネット情報を引用しています。


まだまだコーヒー素人の身ではありますが、記事の信頼性担保になれば幸いです。

ハリオのV60計量スプーンの使い方



ハリオのV60計量スプーンの使い方について、ご紹介します。

ハリオV60計量スプーンの概要



  • 商品名:HARIO(ハリオ)V60計量スプーン
  • タイプ:ステンレス(シルバー、ブラック)、銅、セラミック、ウッド
  • 容量:すりきり12g



ハリオのV60ドリッパーを使用する際に便利な、計量スプーンです。


材質は4種類あり(ステンレス・銅・セラミック・ウッド)、全部で5種類のタイプから選べますよ。


V60ドリッパーは、コーヒー1杯に対してコーヒー粉12gがデフォルトです。

これに合わせて、すりきり一杯12gになるように作られていますよ。



ハリオのV60ドリッパーをお使いの方はもちろん、他のブランドのドリッパーでも問題ないですよ。

補足:タイプはこちらから選ぼう



総合評価:★★★★★



以下の内容で、ハリオのV60計量スプーンを評価してみました。

  • 使いやすさ:★★★★★
  • 軽さ:★★★★★
  • 耐久性:★★★★☆
  • デザイン性:★★★★★


4つの観点から、レビューしてみました。

総合評価は、星5つです。


文句なしで買ってよかったですね。

コーヒーの計量スプーンは、これで間違いなしです。


それでは、3つの観点について深掘りします。

使いやすさ:★★★★★



使いやすさについては、逆にデメリットを探すことが難しいくらいですね。


何一つ、不自由しません。

強いていえば、12gの計測以外に関しては計測器具があると良いですね。



コーヒー粉はしっかり計測しないと、味わいが濃くなったり薄くなったり、淹れるたびに味わいにばらつきが出てしまいますので。

>>【プロも愛用】HARIO(ハリオ)V60ドリップスケールの使い方は超簡単です!

軽さ:★★★★★



重量は、約40gで軽いです。

セラミックだと、もう少し重いかもしれませんね。


重さに関しても、何一つ不自由はないですよ。

耐久性:★★★★☆



耐久性に関しては、長期間使うことで何らかの不具合が起きる可能性を考慮して、星4つとしました。


現状は、星5で間違いないですね。


私の場合は、ステンレス製のタイプを購入しました。


サビの発生もありませんし、洗うのも流水でササっと流せば、すぐにきれいになります。

デザイン性:★★★★★



シルバーのステンレス製を購入しましたが、おしゃれですね。


まさに、シンプルイズベストです。

ウェーブ状になっているので、カリタのウェーブシリーズと合わせると、デザインの相性がバッチリです。



デザイン重視な方におすすめですよ。

>>カリタのウェーブドリッパーは初心者におすすめ!淹れ方を徹底解説


コーヒーの計量は、ハリオのV60計量スプーンで間違いなし!



ハリオのV60計量スプーンについて、ご紹介しました。


材質が4タイプから選べて、おしゃれなデザインですよ。

機能性も十分なので、ぜひ気になる方は、お手頃値段ですのでぜひ購入してみて下さいね。

最後に追記として、しっかりコーヒー粉を計量したら、あとは最適な抽出方法でコーヒーを淹れましょう。

ドリップコーヒーの淹れ方についてまとめた記事がございますので、よろしければ見てみて下さいね。

>>【極上の一杯】美味しいドリップコーヒーの淹れ方【フードペアリングの解説あり】


それでは、以上です。

-コーヒー, コーヒードリップ

Copyright© daisukeblog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.