『コーヒー × IT』で人生を豊かにする。

daisukeblog

コーヒー コーヒーその他

コーヒーの飲み過ぎはヤバい!?体へのリスクについて解説【1日3杯が良いです】

投稿日:2019-06-18 更新日:



「コーヒーが大好きで毎日飲んでいるんだけど、飲み過ぎは体に良くないのかな?何か病気になるリスクとかあるのかな?」

「コーヒーを飲み過ぎると、太るのかな?」

「コーヒーは1日何杯くらいが適切なのかな?」


こういった疑問にお答えします。

ちょっとだけ自己紹介



※記事の信頼性を保つために記載しています。
※少し長いので、ここは読み飛ばしてもらっても構いません。



自己紹介として、私とコーヒーの関わりについてお話します。


コーヒーにはまったのは、新卒の2014年頃。

それまでは、「ただの苦いだけの飲み物」としか思っていませんでした。

しかし、会社員になって家の近くのカフェでお茶したり、仕事したりする機会が増えてコーヒーを飲む機会が増えました。

あとは、当時セブンカフェのようなサービスが普及し始めたのも、同じような時期だったと思います。


今まで避けてきたコーヒーを改めて味わってみたら、

「あれ、意外と美味しいぞ!?」

と思ったのがきっかけです。


それから、コーヒーの魅力にとらわれてしまいました。

そして現在は、ほぼ毎日3〜4杯を欠かさず飲んでいます。


ただ、本格的にコーヒーを勉強し始めたのは2019年に入ってからです。

自分だけのお気に入りのコーヒーを探すべく、勉強している次第です。


続いて、記事の信頼性についてお話します。


ネット情報ですと、あまり信頼性の面で薄くなると感じています。

なので、記事の内容は本や雑誌、実際に自分で体験した情報をメインに載せています。

※どうしても調査できないものは、一部ネット情報を引用しています。


まだまだコーヒー素人の身ではありますが、記事の信頼性担保になれば幸いです。

コーヒーの飲み過ぎはヤバい!?体へのリスクについて解説します



コーヒーの飲み過ぎは、体にどんな影響を及ぼすのでしょうか。

具体例も交えながら、リスクについて解説していきます。

コーヒーの飲み過ぎは体に良くありません



コーヒーが大好きな人は、ついつい飲み過ぎてしまうかもしれませんね。

社会人ともなると、仕事中や打ち合わせの時に、コーヒーが出されることもしばしば。


コーヒーは確かに美味しいですが、飲み過ぎにはくれぐれも注意しましょう。

特に、コーヒーに含まれるカフェインを大量に摂取するのは危険です。


最悪の場合、命に関わる事態になるかもしれませんよ。

コーヒーは健康食品として注目されています



そもそも、コーヒーには体に良い成分が含まれており、健康食品として注目されています。

抗酸化作用のあるポリフェノールを多く含んでいて、カフェインは眠気覚ましや抑うつなどの効果があるのです。

このあたりの詳細は、コーヒーはなぜ健康に良いのかまとめてみた【ヒント:浅煎り】にまとめています。

健康食品といえど、飲み過ぎは体に毒です



「健康食品なら、いっぱい飲んだ方が体にいいのかな?」

と思われる方がいるかもしれません。


しかし、これは間違いです。


いくらコーヒーが健康に良いとしても、過剰に飲み過ぎるのは絶対にダメです。

これはコーヒーに限らず、どんな食品や飲み物に関してもそうです。


前述していますが、カフェインを大量に摂取したことで、実際に人が亡くなるという事例もあるんですよ。

カフェインの大量摂取で死亡したケースも

日本中毒学会が、全国38の病院を対象に実態調査をしたところ、急性カフェイン中毒で救急搬送された患者が、5年間で101人いたことが分かりました。症状は吐き気や意識の低下、中には心肺停止状態で運ばれた人も。そのうち3人が亡くなっています。搬送された人の平均年齢は25歳。圧倒的に若い世代が多いのが特徴です。

急増!カフェイン中毒 相次ぐ救急搬送 いま何が



こちらの記事にある通り、日本ではコーヒーやエナジードリンクを大量に摂取したことで、死亡例まで出ているのです。

原因は、カフェインを大量に摂取したことによる、急性のカフェイン中毒です。


背景には過剰労働や、精神疾患などの日本が抱えている社会問題が見え隠れしています。


とはいえ、年代や性別に関わらず起こりうる可能性があるのです。

ポリフェノールも取り過ぎはダメ



カフェインに関するマイナスポイントについて語っていますが、これだけではありません。

コーヒーに含まれるポリフェノールについても、取り過ぎは厳禁ですよ。


コーヒーのポリフェノールの一種である、クロロゲン酸(CGA)は鉄分の吸収を妨げる効果があります。

過剰に取り過ぎると、鉄分が不足して貧血を起こす可能性がありますから、注意です。

過ぎたるは猶及ばざるが如し



中国の有名な文献である、「論語」に「過ぎたるは猶(なお)及ばざるが如し(ごとし)」という言葉があります。

おそらく、聞いたことがあることわざではないでしょうか。


「やり過ぎることは、何もやらないことと同じくらい良くないことである」という意味のことわざです。

これまで解説してきた内容と、見事に合致しますね。


コーヒーでいえば、飲み過ぎると全く飲まないことよりも大きいしっぺ返しが来ます。

自制心を忘れず、飲み過ぎないように気をつけましょう。

コーヒーを飲み過ぎると太るのか!?



コーヒーを飲み過ぎると、かなりヤバい事態になるということがお分かり頂けたのではないでしょうか。


続いてこちらでは、コーヒーを飲み過ぎると太るのかどうかについて解説します。

コーヒー「自体」はほぼカロリーゼロです



コーヒーを飲み過ぎると太るのかどうか、についての結論を先に述べます。


結論は、太りません


なぜなら、コーヒーはほぼカロリーゼロだからです。

飲み過ぎて太るというのは、まずありませんよ。


しかし、押さえておいてほしいのは、コーヒー「自体」は太らないということです。

砂糖やミルクが太る原因です



コーヒーを普段ブラックで飲んでいる人は、問題ありません。


しかし、コーヒーに砂糖やミルクを入れて飲む人については注意です。

または、甘い缶コーヒーや市販のコーヒー飲料も同じですね。


ここに、太る要因があります。


砂糖やミルクを入れて飲んでしまうと、コーヒーのカロリー数は3〜5倍ぐらいまで増えてしまいますよ。

本当に美味しいコーヒーは砂糖もミルクも必要なし!



砂糖やミルクを入れてしまうのは、コーヒーが苦くて飲めないのが原因かと思います。

実際のところ、市販されている安いインスタントコーヒーや缶コーヒーは質が悪く、深煎りで焙煎しているのがほとんどです。


こういったコーヒーは、ただ苦いだけで美味しくありません。


しかし、本当に美味しいコーヒーは甘みや酸味があり、果実や花のような香りを楽しめるのです。


いわゆる、スペシャルティコーヒーと呼ばれる最高ランクのコーヒーです。

これは、砂糖やミルクを入れる必要がないほど抜群に美味しいです。

なので砂糖やミルクを入れてしまう方は、スペシャルティコーヒーを味わってみることをおすすめします。


スペシャルティコーヒーについては【最高品質】「スペシャルティコーヒー」とは【通販サイトもご紹介】にて詳しく解説しています。


まとめると、コーヒー自体はカロリーゼロですが、砂糖やミルクを入れてしまうと太ります。


ブラックで質の良いコーヒーを飲みましょう。

1日に飲むコーヒーの最適な量はどれくらいがいいの?



コーヒーを飲み過ぎると、体によくないことはわかりました。

では、どれくらいの量を飲むのが適切なのでしょうか。


1日あたりの適切なコーヒー量について、解説します。

1日3杯以内にしよう



結論は、成人の方で1日3杯以内にするのが良いです。

1杯あたりは、150ccを目安にして下さい。

5杯以上飲むのはダメ?



中には「食後と休憩中の時間を含めて1日5杯は飲んでます!」という方もいるかもしれません。

アメリカの食品医薬局によると、成人が1日に摂取しても良いカフェイン量は、400mgがボーダーラインとされています。

これは、コーヒー4〜5杯分に相当します。


「なら、大丈夫じゃん!」


と思うかもしれませんが、カフェインは前述の通り他の食品にも含まれています。

コーヒー以外からもカフェインを取ることを考慮すると、やはり1日3杯を目安とすべきですね。

ただし例外もあります



1日3杯としましたが、これはあくまで健康な成人の方の場合です。

中には、1杯飲んだだけでイライラや心臓がドキドキしたり、めまいを起こすなどの症状が出てしまう場合もあります。

特に、以下に該当する場合は注意ですね。

  • 妊婦さん(妊娠中や出産直後の方も含みます)
  • お子様
  • うつ病などのストレス性の病気を発症されている方
  • カフェイン感受性の高い方



妊婦さんやお子さんの場合は、カフェインに対する耐性が弱いです。

少量でも、体の不調を行う場合があるので注意です。

また、コーヒーは抑うつ効果がありますが、うつ病の方がコーヒーを飲むと逆に悪化する恐れがあるので注意です。


あとは、カフェイン感受性が高い方も注意です。

こういった方は1杯飲んだだけでも何らかの不調が出る可能性が高いので注意ですね。


カフェイン感受性が高いかどうかは、遺伝子検査によって調べることができます。

しかし、もっと簡易的に確認したい場合は、こちらの無料診断チェックがおすすめです。


1分程度でサクッと確認できるので、確認してみましょう。

しかし、あくまで指標ですのであしからず。

カフェインを取りたくないならデカフェがおすすめ



カフェインは取りたくない。

でも、コーヒーを飲みたいという場合は、デカフェがおすすめです。

いわゆる、ノンカフェインコーヒーと呼ばれるものです。

おすすめのデカフェは、こちらの「やさしい黒豆玄米珈琲」です。



お子様や妊婦さんでも安心して飲むことができますので、カフェインに敏感な人は試してみてはいかがでしようか。

コーヒーの飲み過ぎは絶対にダメ!何事もほどほどに!



コーヒーの飲み過ぎによる体へのリスクについて、解説しました。

何度も繰り返しになりますが、コーヒーの飲み過ぎは、危険ですので絶対にやめましょう。

1日3杯を目安に、健康的に飲みましょうね。


コーヒーに限らず、何事もほどほどに済ませることが大切です。

自分をしっかりコントロールできるようにしましょうね。


それでは、以上です。

-コーヒー, コーヒーその他

Copyright© daisukeblog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.