『コーヒー × IT』で人生を豊かにする。

daisukeblog

コーヒー コーヒーその他

コーヒーの酸味が苦手な人は、質の高いコーヒーを飲むべきです【マンデリンもオススメ】

投稿日:2019-07-06 更新日:



「コーヒーの酸味が苦手なんだけど、どうすれば解決できるの?」

「酸味の少ないコーヒーがあれば、教えてほしいな!」


こういった疑問にお答えします。

ちょっとだけ自己紹介



※記事の信頼性を保つために記載しています。
※少し長いので、ここは読み飛ばしてもらっても構いません。



自己紹介として、私とコーヒーの関わりについてお話します。


コーヒーにはまったのは、新卒の2014年頃。

それまでは、「ただの苦いだけの飲み物」としか思っていませんでした。

しかし、会社員になって家の近くのカフェでお茶したり、仕事したりする機会が増えてコーヒーを飲む機会が増えました。

あとは、当時セブンカフェのようなサービスが普及し始めたのも、同じような時期だったと思います。


今まで避けてきたコーヒーを改めて味わってみたら、

「あれ、意外と美味しいぞ!?」

と思ったのがきっかけです。


それから、コーヒーの魅力にとらわれてしまいました。

そして現在は、ほぼ毎日3〜4杯を欠かさず飲んでいます。


ただ、本格的にコーヒーを勉強し始めたのは2019年に入ってからです。

自分だけのお気に入りのコーヒーを探すべく、勉強している次第です。


続いて、記事の信頼性についてお話します。


ネット情報ですと、あまり信頼性の面で薄くなると感じています。

なので、記事の内容は本や雑誌、実際に自分で体験した情報をメインに載せています。

※どうしても調査できないものは、一部ネット情報を引用しています。


まだまだコーヒー素人の身ではありますが、記事の信頼性担保になれば幸いです。

コーヒーの酸味が苦手な人は、質の高いコーヒーを飲むべきです



コーヒーが苦手な方の理由として、酸味が好きじゃないというのがあると思います。

確かに、コーヒーの酸味は独特な味わいがあって、不快に感じる方も多いかもしれませんね。


しかし、不快な酸味はじつはコーヒーの質に関係しているんです。

酸味が苦手な人は、質の悪いコーヒーを飲んでいる件



コーヒーの酸味が苦手な方は、そもそも質が悪いコーヒーを飲んでいる確率が高いんです。

「質が悪い」というのは、例えば市販されているコーヒーや、ファストフード店などで提供されている安価なコーヒーなどですね。


安価であるがゆえに、品質が良くないんです。


品質が悪いと、コーヒーの酸味は不快感しか感じませんよ。

コーヒーはそもそも「フルーツ」です



ここで、コーヒーとは何かを一旦おさらいしたいと思います。


コーヒーは、「コーヒーノキ」という植物になる「コーヒーチェリー」という赤い果実の種子なんです。

コーヒーチェリー自体は、市場にあまり出回りませんが、果実は甘くて爽やかな酸味のあるフルーツといっても過言ではありません。


フルーツの種子なのですから、酸味があることは当然ですよね。

>>【コーヒーの歴史】原産国エチオピアではコーヒーはフルーツだった!?【味の解説あり】

悪い酸味

古くて酸化したコーヒーの特徴は、
・胸焼けがする。
・酸化特有の臭いがする。(古い揚げ油のような臭い)

Coffee Soldier(コーヒーソルジャー)



スペシャルティコーヒーを販売する、Coffee Soldier(コーヒーソルジャー)さんでもご指摘されている通り、コーヒーには「良い酸味」と「悪い酸味」があります。


コーヒーの酸味が苦手な方は、悪い酸味を味わっている可能性が高いですね。悪い酸味とは何かというと、以下です。

  • 甘さやコクがなく酸味しかない
  • 酸化した酸味


酸味しかないコーヒーというのは、主に収穫された種子が未熟な場合です。

コーヒーチェリーが未熟な状態だと、ほぼ酸味しか抽出できません。


それから、酸化した酸味というのは製造してから時間が経って古くなった豆から生まれる酸味です。

酸化というのは、つまり「腐る」のとほぼ同じです。

フルーツが腐ると嫌な酸味が発生しますが、まさしくそれですね。

良い酸味とは



それでは、良い酸味と一体何でしょうか。

それは、以下です。

  • トロピカルフルーツに似た、甘さを持った酸味
  • 柑橘系に似た、爽やかな酸味


フルーツを食べた時に感じる、心地よい酸味こそが、高品質なコーヒーが持つ酸味なんです。

前述していますが、コーヒーはフルーツといっても過言ではありません。


いちごのような優しい甘さもあれば、オレンジやレモンのような爽やかな酸味を感じるものもあります。

はたまた、チョコやキャラメルのような芳ばしい甘さを持つものもあり、じつに多彩です。


忘れてはいけないのが、高品質なコーヒーの酸味は嫌味が全くありません。


コーヒーの酸味はなくてはならないもので、大切なアクセントなのです。

高品質で鮮度の高いコーヒーを飲もう



まとめると、コーヒーの酸味が苦手な方は、高品質で鮮度の良いコーヒーを飲んでみましょう。


質が悪くて、酸化した古いコーヒーは不快な酸っぱさしかありません。

コーヒーもフルーツなので、品質と鮮度が命です。


ぜひ質の高い酸味を一度味わってみてくださいね。

酸味が少ないコーヒーについてまとめてみた



前章では、高品質で鮮度の高いコーヒー味わってみてほしいと述べました。


続いてこちらの章では、

「それでも、酸味の少ないコーヒーを飲みたい!」

という方に向けた内容を、解説していきます。

その①:深煎りのコーヒーを選ぼう



コーヒーの酸味は、焙煎度合いによって強弱が変わってきます。

酸味を少なくしたいなら、深煎りのコーヒーをチョイスしましょう。


ちなみに、浅煎りは酸味が強く、中煎りは酸味と苦味のバランスが良い感じですね。

詳しくは、焙煎度合いに関してまとめた以下の記事をご覧下さい。

>>コーヒー豆の「焙煎」とは何か【8段階あります】

その②:「マンデリン」がオススメ



苦味の少ないコーヒー豆の銘柄について、ご紹介します。

オススメは、インドネシアのスマトラ島で生産されている、「Mandheling(マンデリン)」ですね。


酸味が少なく、ガツンとした苦味が特徴です。

スマトラ島独自の「スマトラ式」の精製で仕上げた高品質コーヒーで、世界中で人気の銘柄ですよ。


マンデリンは、こちらのMustache coffee roaster(マスタッシュコーヒー)さんにてお取り扱いがありますよ。

まずは、高品質なコーヒーの酸味を味わってみよう



コーヒーの酸味に関する解説は以上になります。


繰り返しになりますが、酸味が苦手な方は、ぜひ高品質で鮮度の高いコーヒーを味わってみましょう。

上品な酸味はもちろんのこと、甘み・コク・多彩なフレーバーを楽しめますよ。


最後に追記として、高品質なコーヒーとは具体的にいうと、コーヒーの中でも最高グレードに位置する「スペシャルティコーヒー」と呼ばれるものです。

>>【最高品質】「スペシャルティコーヒー」とは【通販サイトもご紹介】


ご紹介したコーヒーソルジャーさんや、マスタッシュコーヒーさんでお取り扱いしていますので、ぜひ試してみて下さいね。



それでは、以上です。

-コーヒー, コーヒーその他

Copyright© daisukeblog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.