『コーヒー × IT』で人生を豊かにする。

daisukeblog

コーヒー コーヒーその他

コーヒーはカロリーマイナス食品!?【ダイエットに抜群です】

投稿日:2019-06-27 更新日:



「コーヒーのカロリーって、どれくらいなのだろう?」

「コーヒーのアレンジメニュー(カフェラテとかカフェオレ)のカロリーは、どれくらいなのだろう?」

「ついでに、コーヒーはダイエットにいい飲み物なのか知りたい!」


こういった疑問にお答えします。

ちょっとだけ自己紹介



※記事の信頼性を保つために記載しています。
※少し長いので、ここは読み飛ばしてもらっても構いません。


自己紹介として、私とコーヒーの関わりについてお話します。


コーヒーにはまったのは、新卒の2014年頃。

それまでは、「ただの苦いだけの飲み物」としか思っていませんでした。

しかし、会社員になって家の近くのカフェでお茶したり、仕事したりする機会が増えてコーヒーを飲む機会が増えました。

あとは、当時セブンカフェのようなサービスが普及し始めたのも、同じような時期だったと思います。


今まで避けてきたコーヒーを改めて味わってみたら、

「あれ、意外と美味しいぞ!?」

と思ったのがきっかけです。


それから、コーヒーの魅力にとらわれてしまいました。

そして現在は、ほぼ毎日3〜4杯を欠かさず飲んでいます。


ただ、本格的にコーヒーを勉強し始めたのは2019年に入ってからです。

自分だけのお気に入りのコーヒーを探すべく、勉強している次第です。


続いて、記事の信頼性についてお話します。


ネット情報ですと、あまり信頼性の面で薄くなると感じています。

なので、記事の内容は本や雑誌、実際に自分で体験した情報をメインに載せています。

※どうしても調査できないものは、一部ネット情報を引用しています。


まだまだコーヒー素人の身ではありますが、記事の信頼性担保になれば幸いです。

コーヒーはカロリーマイナス食品!?



結論から先にいってしまうと、コーヒーはほぼカロリーゼロです。

さらにカフェインやポリフェノールの効果を合わせると、カロリーマイナスになる程のポテンシャルを秘めているのです。


以上のことについて、深掘りしていきます。

コーヒーはほぼカロリーゼロです



コーヒーのカロリーは1杯150mlとして、約4〜6kcalぐらいです。


つまり、ほぼカロリーゼロといっていいくらいなんです。


つまりコーヒーに関しては、カロリーを気にせずに飲めますよ。

砂糖やミルクを入れるとカロリーは5倍



もちろんカロリーゼロなのは、ブラックコーヒーの場合だけです。


ここに砂糖やミルクなどの甘味料を入れてしまうと、話は別です。


カロリーはなんと、5倍ぐらいまで増えてしまいますよ。

カフェインが脂肪燃焼をサポート!



コーヒーには、さらに恩恵があります。


カフェインには代謝率を上げ、脂肪燃焼に効く働きがあるんです。

さらに、コーヒーに含まれるポリフェノールにも脂肪燃焼をサポートする成分が入っています。


食後にコーヒーをとることで、とりすぎた脂肪が体に吸収されるのを減らすことができますよ。

>>コーヒーダイエットで痩せることができるのか調べてみた【結論:痩せます】

カフェオレやカフェラテのカロリーは?



ちなみに、コーヒーのアレンジメニューについても念の為、カロリーを調べてみました。

結果は、以下のようになります。

  • ブラックコーヒー:4〜6kcal
  • カフェオレ:約80〜90kcal
  • カフェラテ:約75kcal
  • ※一杯あたり150ml


こうして数値化してみてみると、一目瞭然ですね。

ブラックで飲むのと、ミルクや砂糖が入ることでカロリー数がかなり違ってくることがわかりますね。


ちなみに、「ブラックコーヒー=苦いから飲めない!」という方も多いと思います。

しかし、高品質なコーヒーは、酸味や甘みを感じ、フルーツやチョコ、フローラルな味わいがしたりするんです。

高品質なコーヒーは、もはや砂糖もミルクもいらないぐらいのポテンシャルなのです。

>>【最高品質】「スペシャルティコーヒー」とは【通販サイトもご紹介】

コーヒーはカロリーマイナスの健康食品!



ほぼカロリーゼロな上に脂肪の吸収を抑える働きがあるので、プラマイゼロ、いやマイナスカロリー食品といっても、過言ではないですね。

ダイエットしたい方に、オススメの飲み物ですよ。

健康にもダイエットにも良い飲み物なので、ぜひ積極的に飲むことをオススメしますよ。

>>コーヒーはなぜ健康に良いのかまとめてみた【ヒント:浅煎り】

コーヒーはカロリーなし!ダイエットにも最適です!



コーヒーのカロリーに関して、ご紹介しました。


繰り返しになりますが、カロリーゼロ、さらにはマイナスになるぐらいの効果があります。

なので、体重を機にされている方は、ぜひブラックで飲んで脂肪を燃焼させましょう。


最後に追記として、コーヒーにはいろいろな種類があって、味わいはそれぞれ違います。

好きな味わいを求めて色々試してみるのも楽しいですよ。

>>【解説あり】コーヒー豆の種類を徹底比較【お気に入りを見つけよう】


それでは、以上です。

-コーヒー, コーヒーその他

Copyright© daisukeblog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.