『コーヒー × IT』で人生を豊かにする。

daisukeblog

コーヒー コーヒーその他

【大予想】コーヒー第4の波「フォースウェーブ」の正体とは?【ポイントは4つ】

投稿日:2019-07-31 更新日:



こんにちは。ダイスケです。

コーヒー業界の新たなトレンド、「フォースウェーブ」について予想してみた記事です。

「フォースウェーブコーヒーは、一体どんなトレンドになるんだろう?」


こういった疑問をお持ちの方に向けて、ご紹介していきます。

ちょっとだけ自己紹介



※記事の信頼性を保つために記載しています。
※少し長いので、ここは読み飛ばしてもらっても構いません。



自己紹介として、私とコーヒーの関わりについてお話します。


コーヒーにはまったのは、新卒の2014年頃。

それまでは、「ただの苦いだけの飲み物」としか思っていませんでした。

しかし、会社員になって家の近くのカフェでお茶したり、仕事したりする機会が増えてコーヒーを飲む機会が増えました。

あとは、当時セブンカフェのようなサービスが普及し始めたのも、同じような時期だったと思います。


今まで避けてきたコーヒーを改めて味わってみたら、

「あれ、意外と美味しいぞ!?」

と思ったのがきっかけです。


それから、コーヒーの魅力にとらわれてしまいました。

そして現在は、ほぼ毎日3〜4杯を欠かさず飲んでいます。


ただ、本格的にコーヒーを勉強し始めたのは2019年に入ってからです。

自分だけのお気に入りのコーヒーを探すべく、勉強している次第です。


続いて、記事の信頼性についてお話します。


ネット情報ですと、あまり信頼性の面で薄くなると感じています。

なので、記事の内容は本や雑誌、実際に自分で体験した情報をメインに載せています。

※どうしても調査できないものは、一部ネット情報を引用しています。


まだまだコーヒー素人の身ではありますが、記事の信頼性担保になれば幸いです。

【大予想】「フォースウェーブ」コーヒーの正体とは?【ポイントは4つ】



これまで、コーヒー業界は3回ほど大きいトレンドの波を訪れました。

3つとは、「ファーストウェーブ」「セカンドウェーブ」「サードウェーブ」です。


そして、そろそろ第4の波「フォースウェーブ」がコーヒー業界に来るのではないかといわれています。


今回は、このフォースウェーブの正体について、私なりに予想してみました。

フォースウェーブコーヒーについて予想してみた



コーヒー業界の第4の波「フォースウェーブ」は、一体どんなトレンドがやってくるのでしょうか。


現在のコーヒー業界の潮流を踏まえつつ、予想してみました。

それでは、さっそく予想していきたいと思いますが、その前に軽くサードウェーブまでのおさらいをしてみます。

コーヒーの波についておさらい



これまで、コーヒー業界には3回ほど大きなトレンドの波がありました。

それが、以下です。

  • ファーストウェーブ:19世紀後半〜1970年代頃、一般にコーヒーが普及した
  • セカンドウェーブ:1980年代〜1990年代後半頃、シアトル系ブームの到来
  • サードウェーブ:2000年代前半〜現在まで、シングルオリジン・スペシャルティコーヒーブーム


ざっくりと、こんな感じですね。

今現在はサードウェーブで、生産履歴が明確かつ高品質なコーヒーを提供するサードウェーブコーヒー専門のカフェも、結構ありますよ。


コーヒー業界に訪れたトレンドの波については、こちらの記事でも解説しています。

>>サードウェーブとはコーヒー業界のトレンド用語です【第4の波についても解説あり】

予想を4つあげてみた



ここから、フォースウェーブではどんなトレンドがくるのでしょうか。


これまでのコーヒー業界の流れなどを踏まえた上で、4つほど予想を立ててみました。

それが、以下です。

  • コーヒー×フード
  • 自家焙煎ブーム
  • コーヒー×テクノロジー
  • カスタマイズブーム


このあたりが絡んでくるのでは、と予想しています。


それでは、1つずつご紹介していきます。

予想その①:「コーヒー×フード」



サードウェーブでは、コーヒー本来の味わいを楽しむことが主流でした。

そしてフォースウェーブでは、さらにコーヒーの味わいを高める方向にシフトするのでは、と予想しています。


キーワードは「フードペアリング」です。

これは、コーヒーとフードを合わせることで、コーヒーの味わいの変化を楽しむ考え方です。

このあたりは、ワインと同じような考え方かもしれませんね。

例えば、酸味の強いコーヒーは、柑橘系のフルーツを使ったスイーツと合わせると、より爽やかな酸味に変化したりします。


コーヒーありきのフードという感じで、ペアリングの楽しみ方が広がる気がしています。

予想その②:「自家焙煎」ブーム



2つ目は、コーヒー豆を自宅で焙煎するトレンドが来るのではないか、と予想しています。


高品質な生豆を購入し、家庭用の「ロースター(焙煎機)」で自分好みの焙煎度合いに仕上げるのが、割とウケそうな気がしています。

実際、今まではロースターというと、業務用の巨大なものしかなく、自宅に置くことはほぼ困難でした。

ですが、最近は家庭用のお手軽なロースターも登場しているので、期待大ですね。


また、コスト面でも、生豆で買う方が焙煎されたコーヒー豆を買うよりやすいんです。

なので、より安く高品質な出来たてコーヒーを自宅で飲めますよ。

予想その③:「コーヒー×テクノロジー」



最近は、コーヒー業界にテクノロジーの活用が目立ってきています。


例えば、スタバでは、「モバイルオーダー&ペイ」(MOP)というサービスを2019年上半期に都内を中心に開始しました。

>>ついに日本上陸、スタバでレジに並ばずアプリで事前注文・決済が可能に


これは、スマホで店舗と注文内容をタップして事前に注文しておき、あとで店頭で受け取るサービスのことです。

支払いもカード決済なので、レジに並ぶ必要がなく、お店ですぐにコーヒーを受け取れますよ。


また、コーヒー需要が伸びている中国の「ラッキンコーヒー(luckin coffee / 瑞幸珈琲)」は、専用アプリからの注文のみで、支払いも完全キャッシュレス。

こうしたテクノロジーの活用で、レジの行列がなくなったり、コスト削減にもつながります。


確実にこれからコーヒー業界は、デジタル化していきます。

フォースウェーブにおけるキーワードになることは、間違いなさそうですね。

予想その④:「カスタマイズ」ブーム



前述のテクノロジーとの関連になってくるのですが、自分好みにコーヒーをカスタマイズするブームが来るのではないかと予想しています。


スマホで事前に簡単に注文できるようになると、コーヒーとミルクの比率や種類、トッピングの追加などのカスタマイズもしやすくなると思われます。

そうなると、コーヒーをカスタマイズする需要が、一気に増えそうな感じがしますね。


実際、日本でもスマホ注文でカスタマイズできるサービスを展開する、コーヒーショップもありますよ。

>>朝9時には完売!?自分好みのコーヒーとラベルを作れる「TOUCH-AND-GO COFFEE」に行ってみた


事前に注文しておいて、あとから店舗内のロッカーからコーヒーを受け取るサービスです。

非常に便利ですね。

フォースウェーブ到来は秒読み!?



以上、4つほどフォースウェーブの予想を立ててみました。


いずれかは、わりとキーワードになりそうな気がしています。

近年は、世界的に経済発展が進んでいて中流階級が増えています。


それに伴って、嗜好品であるコーヒーの需要も上がっています。

これから到来するフォースウェーブも、さらにコーヒー業界を盛り上げてくれるのではないでしょうか。


そろそろ、到来してもおかしくないですね。

フォースウェーブの前に、まずはサードウェーブコーヒーを味わってみては?



第4の波がやってくるのは、そろそろのような気がしています。

実際、中国などのアジア圏を中心にコーヒー需要は伸びていますので、新たな波がやってきそうな匂いはしますね。

コーヒーがどんな楽しみ方に変わっていくのか、期待ですね。


最後に、フォースウェーブ到来の前に、まずはサードウェーブコーヒーを味わってみるのが良いですね。

前章で述べていますが、シングルオリジンで、高品質なスペシャルティコーヒーを楽しむのが、サードウェーブです。

スペシャルティコーヒーについて、以下の記事で解説していますので、ぜひチェックしてみて下さいね。

>>【最高品質】「スペシャルティコーヒー」とは【通販サイトもご紹介】


それでは、以上です。

-コーヒー, コーヒーその他

Copyright© daisukeblog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.