『コーヒー × IT』で人生を豊かにする。

daisukeblog

暮らし

Macのショートカットキーは6つだけで事足ります【効率化を目指して】

投稿日:2019-05-02 更新日:



Macのパソコンを、スタイリッシュに使いこなしていますか?

マウスを使うのも良いですが、キーボードだけで事足りればよりMacを使いこなせますよ。


そのためには、ショートカットキーが必須です。

「ショートカットキーって、あんまり使ってないんだよな」


という方は、ぜひこちらの記事を参考にしてみてください。


私も、ショートカットキーは毎日使っています。

様々なコマンドがありますが、実際に使っているのは6つだけです。


よほど専門的な使い方をしない限り、6つあれば事足ります。


ショートカットキーを使いこなせれば、作業効率もグッとアップします。


これを機会に、ぜひ覚えましょう!


Macのショートカットキーは6つだけで事足ります



前述しましたが、ショートカットキーは6つだけあれば事足ります。

さっそく、ご紹介していきます。


command + c:コピー



めちゃめちゃ使います。

ペーストコマンドと合わせて、使わない日はないです。

文字列のコピー&ペーストのコピーにあたる、コマンドですね。


コピー対象の文字列を範囲選択して、コマンドを打てばOKです。

また、finderでフォルダやファイルをコピーする時も使えます。


マウスでコピーをする100倍ラクなので、ぜひ使いましょう。


ExcelやWordなどのoffice系アプリや、その他のほとんどのアプリでも使えますよ。


command + v:ペースト



コピーと合わせて、めちゃめちゃ使います。

コピーした後に、ペーストしたい箇所を選択してコマンドを打てばOKです。

コピーしたファイルやフォルダも、貼り付けられますね。


コピペを多用する人は必須知識ですよ。


command + x:カット



対象の文字列を切り取る時に、使用します。

コマンドを打ったあとに、ペーストコマンドを使う流れですね。


書類の修正や校正をする方は、必須なコマンドです。


注意点としては、切り取った文字列をペーストしないで、別の文字列をさらに切り取った場合は上書きされてしまうので、気をつけましょう。


command + z:直前の状態に戻す



現在の状態から、直前の何らかのコマンドを打った状態に戻る時に使います。

間違って不必要な文章を消してしまった際、消す前の状態に戻す時などに使います。

また、コマンドを打った分だけさらに前の状態に戻すことができます。


command + a:全選択



マウスを使って全選択をすると、すごく疲れますよね。

全選択のショートカットキーを使えば、ラクになりますよ。


全選択したあとにコピぺコマンドを駆使すれば、簡単に全文章を他の場所にペーストできます。


ぜひ、使っていきましょう。


command + f:検索



検索ウインドウが表示される、コマンドです。

特定の文字列を探したい時に使うと、効果的です。

サイトを閲覧している時にも使えます。


ほとんどのMacアプリでも使えるはずですので、積極的に使いましょう。


shift + command + 4:スクショ(範囲指定)



最後に、追加としてスクリーンショットのショートカットキーをご紹介しておきます。


「ほとんど使わないよ。」

という人もいるかもしれませんので、その場合は飛ばしてもらって構いません。


スクリーンショットを最近使う場面がありましたので、半分自己満でのせました。


画面全体よりも、撮りたい部分だけスクショするパターンの方が割と多いのではないかと思います。(個人情報が入っている部分だけ外すとか。)


Macのショートカットキーを使って効率よく仕事をしよう



ショートカットキーを使うだけで、効率はものすごくアップします。

「マウス多用してます。」

という方は、ぜひショートカットキーを試してみてくださいね。


「これ以外にも、色んなショートカットキーが知りたい!」

という方は、Appleの公式ページにまとめてありますので参考にどうぞ。


Macのキーボードショートカット


それでは、また。

-暮らし

Copyright© daisukeblog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.