『コーヒー × IT』で人生を豊かにする。

daisukeblog

コーヒー 暮らし

【鬼簡単】午後の眠気対策は、「コーヒー×昼寝20分」が最強です【スペシャルティコーヒーならベスト】

投稿日:2019-07-14 更新日:



「いつも午後になると、めっちゃ眠い。。眠気対策でいいのないかな?」

「簡単に眠気対策できる方法って、ないのかな?」


こういった疑問にお答えします。


私も、午後の眠気と闘ってきました。

しかし、ご紹介する方法を使うことで、眠気は圧倒的になくなります。

実際に毎日行っていて、効果はアリですよ。


ということで、解説していきます。

【鬼簡単】午後の眠気対策は、「コーヒー×昼寝20分」が最強です



勉強や仕事中に眠気が襲ってきて、気付いたら全然進んでいなかった。。

なんてことは、よくありますよね。

特に、お昼を食べてすぐの午後いちは、本当にきついですよね。。


今回は、午後の眠気を吹き飛ばすための対策について、解説していきますよ。


「コーヒー×昼寝20分」で、眠気よサラバ



結論から言ってしまうと、午後の眠気に効くのは「コーヒー×昼寝20分」、コレです。

引用元:コーヒー+15分の“ちょい寝”で仕事効率アップ


こちらの記事でも、コーヒーと昼寝に関して紹介されています。

>>コーヒー+15分の“ちょい寝”で仕事効率アップ


上記の記事では、昼寝が15分となっています。

しかし、後述の昼寝に関する研究結果と合わせて、本記事では「昼寝20分」としています。

眠気だけではなくて、仕事効率もアップする最強の組み合わせですよ。

そもそも、なぜ午後は眠いの?



ここで、そもそもなぜ「お昼を食べた直後の午後は眠くなる」のでしょうか。

これには、人間の体内時計が関係しているんです。


人間は、サーカディアンリズム(概日リズム)という体内時計を持っています。

午後の早い時間帯(13〜15時あたり)は、体内時計によって眠くなるように設定されているようなのです。


さらに、もう1つ。


ランチを食べることで、血糖値が上下することが眠気の原因なのではないかともいわれています。

いずれにせよ、午後めっちゃ眠くなるのは、当たり前なんですね。


しかし、それでも勉強や仕事をしなければならないのは、事実。。

なんとかして、眠気を抑えたいですよね。

20分の昼寝で眠気をフッ飛ばす



眠気を覚ます手段として、まず押さえておきたいのが「20分の昼寝」です。

ランチを食べた直後に昼寝をすることで、眠気を抑えることができるのです。


しかし、ここで重要なポイントが2つほど。

1つは、寝過ぎは逆効果です。

30分を超える昼寝をしてしまうと、仕事の効率が下がってしまうんです。


2つめは、「昼寝単体」ではあまり効果が期待できないことです。

これは、昼寝の研究結果によって明らかになっています。

こちらについては、下記の関連記事に詳しくご紹介しています。

>>「昼寝20分」は仕事効率アップの効果があるのか調べてみた【結論:効果なし】

それでは、どうすれば良いのでしょうか。


ここで登場するのが、「コーヒー」です。

カフェインで相乗効果



コーヒーを飲むことによって、眠気対策の相乗効果が期待できるのです。

飲むタイミングは、昼寝の直前です。


コーヒーに含まれる「カフェイン」が眠気覚まし効果を持っていて、効いてくるのが、大体15〜30分ぐらいです。

つまり、コーヒーを飲んですぐに昼寝を取ると、20分後に眠気が覚めてスムーズに起きることができ、午後の仕事に効率良くつなげることができるんですね。

スペシャルティコーヒーなら、さらに良い



ここで、コーヒーに関して少し補足です。

できれば、飲むコーヒーは高品質なものをセレクトするのがオススメです。

高品質なコーヒーとは、スペシャルティコーヒーのことです。

>>【最高品質】「スペシャルティコーヒー」とは【通販サイトもご紹介】


なぜかというと、質が悪いコーヒーの場合、カフェインの作用が効き過ぎる可能性があるからです。

カフェイン耐性が弱い方だと、逆に体調を崩してしまうかもしれません。


しかし、スペシャルティコーヒーの場合、カフェインの作用を緩やかにしてくれるポリフェノールがふんだんに入っています。

よって、カフェインの効き過ぎを抑えてくれるんですね。


ただし、「絶対にスペシャルティコーヒーじゃなきゃダメ!」ということではありませんよ。

もし余裕があれば、オススメします。

注意!デカフェは効果なし



コーヒーの作用は、カフェインありきです。

よって、「デカフェ」はNGです。

デカフェとは、カフェインレスコーヒーのことで、文字通りカフェインが入っていないコーヒーですね。

睡魔くん、さようなら!



これまでのポイントをまとめると、以下です。

コーヒーと昼寝20分を組み合わせよう

30分以上の昼寝は逆効果

コーヒーは昼寝の直前に飲む

余裕があればスペシャルティコーヒーを飲もう

デカフェは効果なし


上記を実践すれば、午後の眠気を抑えられますし、仕事効率もアップです。

ドリップコーヒーでなくても、缶コーヒーやインスタントコーヒーでも大丈夫ですよ。


鬼簡単なので、ぜひ実践してみて下さいね。

眠気対策で、午後のパフォーマンスを爆上げ!



「コーヒー×昼寝20分」による眠気対策についての解説は、以上です。

繰り返しますが、めちゃめちゃ簡単に眠気を覚ますことができます。


ぜひ、やってみて下さいね。


最後に追記として、「ドリップコーヒーを淹れてみよう!」と思った方へ、淹れ方をまとめた記事がございますのでご紹介します。

>>【極上の一杯】美味しいドリップコーヒーの淹れ方【フードペアリングの解説あり】


それから、大事なポイントとして、コーヒーの飲み過ぎもダメです。

「たくさん飲めばもっと効く!」みたいなことはありませんので、ご注意を。。

>>コーヒーの飲み過ぎはヤバい!?体へのリスクについて解説【1日3杯が良いです】


それでは、以上です。

-コーヒー, 暮らし

Copyright© daisukeblog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.